花のときについて学業しました。最初は花びらが1つに合わさって要るなかま(合弁花)にあたってだ。ツツジは、オオムラサキともいわれ、ツツジ科で葉は凄まじく花も少々大形で庭に植えられます。ツツジ科は、日本で約500要因もあるそうです。ツツジのなかまの植物はアセビ、クライマックスツツジ、シャクナゲなどがあります。アサガオは、ヒルガオ科で花はUVでしぼみます。アサガオのなかまの植物は、ヒルガオというサツマイモなどがあります。次は、単子葉類の花にあたってだ。アヤメは、アヤメ科で畑地など乾燥した所に生育します。葉は流ちょうで、葉脈は見えません。アヤメのなかまの植物は、ハナショウブってカキツバタなどがあります。ハナショウブは、水辺に生育します。葉の中部の鼓動がふくれている。カキツバタは、水辺に生育します。葉は幅広で花より高くなりません。花のときに対して学業を通じてきましたが、知らない花の肩書きもあったのでより分かりたくなりました。脱毛ラボ 12箇所