コンピュータの態度について演習しました。メモリの事例サイズは、事例やれるコースのがたいや処理できる数字の多さに自ら関係します。現在のパーソナルコンピュータはMB(メガバイト)やGB(ギガバイト)単位のメモリを持っています。インタフェースは、コンピュータインサイドでは、湯船とよばれる伝送路を通して数字の交渉を行います。また、各まわりツールも湯船と接続することによりCPUとのコミュニケーションを行います。こういう場合、まわりツールと湯船を接続するツールをインタフェースといいます。パーソナルコンピュータでは、インタフェースが規格化されている結果、行動に応じてことなるクレアトゥールの各種まわりツールを組み合わせて利用することができます。SCSIとは、PCとハードディスクやCDーROM、MOなどのまわりツールを接続するために開発されたインタフェースのことです。IEDとは、主にPCとハードディスクツールとを接続するために開発されたインタフェースだ。PCの内蔵ハードディスクはこういう性能で連絡されていることが多いです。http://www.craftsnob.co/ryokin/